株式会社リビングサーラ

眠活 快眠

リノベーション・リフォームについて
お気軽にご相談ください

TOYOHASHI豊橋

0120-56-0220

受付時間 9:00〜18:00 月曜定休

0120-56-0220

HAMAMATSU浜松

0120-64-2781

受付時間 9:00〜18:00 月曜定休

0120-64-2781
CLOSE

Blog

スタッフブログ

インテリア 2017/07/18

眠活 快眠

こんにちは。豊橋業務担当の鈴木です。

じめじめ、むしむし梅雨明けが待ち遠しいですね。

 

すでに寝苦しい夜が続きますが、みなさま睡眠は十分に取れていますか?

一日の平均睡眠時間は、6時間前後の人が大多数とのことです。

私も大体6時間睡眠です。

眠りの質を高めるために、日々体内時計を整えるように心がけています。

起床時間と就寝時間を毎日なるべく同じにし、休日も2時間以上の寝だめをしないようにしています。

(なぜか休みの時ほど夜更かし寝だめができません。。。)

 

 

毎日入浴し、かならず湯船につかり体を温め、香りの良いボディクリームを塗り、リラックスすることにより眠気がやってきます。

蝉の鳴き声サウンドをバックに、朝起きたらカーテンを開け朝日を浴び、窓を開けて空気の入替えをする。

朝食は必ずとることで、体内時計に朝が来た事を認識させます。

毎日ルーティンに行うことでリズムが整い、時間になると眠気がやってきます。

このリズムが崩れると睡眠の質が低下し、朝すっきり起きられなかったり、日中眠くなったりします。

あと、なるべく22時以降は、パソコン・スマホの使用を止めました。

そのため、遅い時間に届いたメール返信は翌朝になります。

友人にメールの返信が遅いと言われます。

そして最近、気になる本を3冊買いました。

1ページ読むと眠気がやってきて、なかなか先に進みません。

週に2~3日はジムへ行き、体を動かし汗を流すようにしています。

冷たい飲物は控え、仕事場以外ではエアコンの長時間使用は避け、体を冷やさない。

副交感神経のスイッチをONするために、香りの活用やベッドの上でのストレッチなど。

 

寝苦しい夏は、眠る環境を整えるためにもパジャマを着用し、通気性の良い寝具を選ぶのも快眠のコツかも知れません。

 

リビングサーラでは、高級ホテルなどでも使用されているシモンズベッドを始めとし、各メーカー取り扱いがございます。

人生の3分の一は睡眠で占めている訳ですから、質の良い物を取り揃えてはどうでしょうか。

お気軽にお問い合わせください。

 

< Prev.

洗面化粧台 オクターブの展示が新しくなりました!!

Next >

週末のご予定はお決まりですか??