株式会社リビングサーラ

木を感じる落ち着いたくらしかた

リノベーション・リフォームについて
お気軽にご相談ください

TOYOHASHI豊橋

0120-56-0220

受付時間 9:00〜18:00 月曜定休

0120-56-0220

HAMAMATSU浜松

0120-64-2781

受付時間 9:00〜18:00 月曜定休

0120-64-2781
CLOSE

Works

施工実績

After

Before

After

木を感じる落ち着いたくらしかた

お客さまインタビューを見る

Data施工詳細

施工エリア 浜松市
建物タイプ 戸建て
施工箇所 耐震、キッチン、浴室・バス、トイレ、洗面、外壁・屋根、リビング、ダイニング、洋室、和室、造作家具、インテリア、玄関、内装、その他
家族構成 2世帯以上
面積 200㎡
構造 木造
築年数 45年
工事費用 1800万円

和風住宅の良さを残したリフォーム

建物が古く老朽化してきたので、お風呂やキッチンを新しく取替ようと思いました。
また昔ながらの田の字の間取りで、和室が有効に使用できていなかったことと、奥の部屋に日差しが届きづらかったので、家族の生活に合わせて間取りを変更することにしました。
全ての和室を洋室仕様にすることはコストもかかるので、一部の和室を残しながらも、それ以外の全ての部屋がリフォーム出来るような計画にし、耐震補強もすることにしました。
また外まわりで雨漏りの心配な部分を補修し、断熱性の劣る既存の古い窓の取替をして、冬場の寒さを減らしました。
耐震が心配だったので、既存の耐震チェックを行い、耐力が弱い部分は強く補強し、制震ダンパーもバランスよく配置しました。
今までうまく使えていなかった和室の続き間が広いLDKになり、とても解放感が出て、有効にスペースを使えるようになりました。
モダンな空間の中にも和の要素がうまく合って、落ち着いた空間になり、祖父母の生活にも配慮しました。
リビングの一部には床暖房を入れ、冬の寒さ対策としました。
キッチンは広く大きなスペースを取り、必要な収納もたくさん造りました。ダイニングとリビングは南の日差しも入り、窓からの景色も疲れた身体を癒します。
新しいお風呂や洗面、トイレが使いやすくなったことで、自宅内での安全性を高めました。
お客さまインタビューを見る

既存の玄関収納を残しながら、新たな玄関収納を追加したことで、壁面の木目色が広がり、より木の風合いが感じられます。
玄関土間部の天井の格子木組みも残し、建物の歴史を感じる重厚感のあるエントランスとなりました。

玄関ホールの木組は化粧パネル部分に布クロスが貼ってある凝った造りでしたが、劣化が進んでいたため、木組だけ残し、鏡部分はクロス貼としました。
壁は和紙風のアクセントクロスを正面に貼り、明るいホールになりました。

田の字の和室続き間のうち、3室は洋間へ改修し、残り1つの和室は既存のまま残しました。
リビングのイメージに合わせる為、上部ランマ部は垂れ壁としてクロス貼にしました。

耐震構造上、必要な柱、壁は残し、L字型キッチンを取り付けました。キッチンの空間が広いので、必要に応じて中央にワークカウンターを置いても十分な広さとなります。収納もたっぷりと作り付けました。

既存の和室の天井部分を残し、新たに敷き詰めたフローリングの色を合わせました。
高さのある天井の空間が上下の木部のバランスで、より落ち着いた雰囲気となりました。

洗濯機と洗面化粧台で狭かった脱衣室は壁面に収納を造り、広く明るくなりました。床や壁も掃除しやすい素材で家事の軽減を目指しました。浴室は高齢のご家族が安全に入浴できるように、浴槽の形や手摺は何度も打合せを重ねました。

2Fの1室は長女の寝室に生まれ変わりました。窓の大きさは変えていませんが、天井や壁
を白くしたことで、明るくすがすがしい空間となりました。

< Prev.

楽しく子育てできる家づくり

Next >

こだわりの対面キッチン収納とすっきり水廻り