株式会社リビングサーラ

二世帯から三世帯、そして再びの二世帯へ

リノベーション・リフォームについて
お気軽にご相談ください

TOYOHASHI豊橋

0120-56-0220

受付時間 9:00〜18:00 月曜定休

0120-56-0220

HAMAMATSU浜松

0120-64-2781

受付時間 9:00〜18:00 月曜定休

0120-64-2781
CLOSE

Interview

お客さまインタビュー

蒲郡市 Yさま

二世帯から三世帯、そして再びの二世帯へ

戸建て/ナチュラルモダン

Q リノベーションのきっかけはなんでしたか?

築20年と定年、という節目もあり今まで老親世帯だった住空間に「今」手を入れないと両方使えなくなる気がしていました。
以前のイメージを一新し将来的に娘達に家族が出来た時、皆でお料理をしたり一緒に過ごせる空間にしたいと思っていました。

Q リフォーム前に悩まれていたことを教えてください。

仏間のイメージを変えられるのか心配でした。床などの傷みや臭いも気になっていました。
しばらく居住していなかったスペースだった事もあり、埃や故障した床暖房などの機器類の事も悩んでいました。

Q サーラに選ばれた理由を教えてください。

以前、浴室やキッチンのリフォームをした時の対応が良く、施工事例が豊富でリフォーム金額の目安が掴みやすかったです。
提案書のデザインが素晴らしく、こちらの考えた以上のものでした。

Q 今回のリノベーションではどんなところにこだわりましたか?

キッチンは、暗くなりがちだった奥まった所だったものを母娘3人で一緒に使える広いスペースを取った空間にしました。
使用しない勝手口を窓にしたり、トイレの位置にも拘りました。
日当たりや風通し、冬も過ごしやすいように床暖房にしたり、壁紙やアクセントのタイルにもこだわりました。
仏壇は必要ですが、普段は仏壇を隠したところです。

Q リノベーション後に喜びを感じる瞬間を教えてください。

キッチンに立つと庭まで見渡せて気持ち良いです。収納を要所に沢山造ったのでスッキリ仕舞えます。
他と同じではない、自分好みの個性あるリフォームが出来たと感じる時です。

Q お気に入りスポットをおしえてください。

パントリーの収納と吊戸棚の間に設えたアクセントタイルと照明がお気に入りです。。
ハイチェアとペンダント照明のカフェ風なスタイルも娘達に人気です。
既設の大きなドアは新築時拘ったドアだったのですが、リメイクしてもらって一つのアクセントになったところも気に入っています。
トイレのペーパーホルダー、棚や洗面ボウルなどの小物も拘って選びました。。

Q リノベーションで悩まれている方にアドバイスをお願いします。

自分の要望を伝えて、使いやすくするにはどうしたら良いのかなど遠慮せずに沢山お話をする事です。担当者の方によく聞いてもらう事が大事です。
写真や本など自分のイメージをきちんと持って臨むと伝わりやすいです。
決める事が多いので、大変労力を使います。リフォームを考えたら早めに相談して時間に余裕を持って進める事です。
また、施工の出来を自分でもチェックするべきだと思いますね。

< Prev.

映画と音楽のあるレトロ感漂う二人の新生活

Next >

日々を重ねて自分色に染める