株式会社リビングサーラ

竹と珪藻土のバリアフリー和モダンリフォーム

リノベーション・リフォームについて
お気軽にご相談ください

TOYOHASHI豊橋

0120-56-0220

受付時間 9:00〜18:00 月曜定休

0120-56-0220

HAMAMATSU浜松

0120-64-2781

受付時間 9:00〜18:00 月曜定休

0120-64-2781
CLOSE

Works

施工実績

After

Before

After

竹と珪藻土のバリアフリー和モダンリフォーム

Data施工詳細

施工エリア 豊橋市
建物タイプ 戸建て
施工箇所 キッチン、浴室・バス、トイレ、洗面、リビング、ダイニング、造作家具
構造 木造2階建
築年数 築35年

水まわりを明るく快適なものにしたい・・からこれからの暮らしへ

ホールの突き当たりにあるトイレやお風呂などの水まわりでホールが暗く、段差が多くてね・・・というところから始まった豊橋にお住まいのSさま邸のリフォーム。Kurasu Designのスタッフと話すうちに、水まわりだけでなくお二人のこれからの暮らしにまで話しは及びました。
Kurasu Designのスタッフがお家に伺った際に気になったのは浴室への動線でした。浴室へはキッチンの奥を通らなければならず、着替えを置くスペースもありませんでした。年齢を重ね万一のとき車椅子でも対応できるよう、ゆとりある脱衣スペースや浴室、収納計画がリフォームのポイントになってきました。

竹と珪藻土を使った趣ある空間は、段差や温度のバリアフリー化

Sさまはお話しを重ねるうちに、将来に対する不安への充分な備えとして、住まいを整えたいという気持ちがはっきりしてきました。冬場のヒートショックなどのリスクを軽減させるためにDKにはガス温水式床暖房、洗面脱衣室と浴室にも暖房機を設置しました。床暖房を設けるにあたり、熱伝導率のよい竹フローリングをご提案したところ、建具にも竹素材を採用していただきました。

洗面脱衣室は欄間付きの格子戸にすることで、自然光の届かなかった廊下にも明かりが届くように配慮しました。引き戸にすることで普段は開け放しも可能です。建具を開け放してもホールからの雰囲気を損なわないように窓にも内格子を設け、廊下まで採光と通風が確保できるようになりました。
ダイニングは奥様のこれからの使い勝手を考えて、シンクの上の棚は電動可動式の収納で年齢を重ねた際でも使い勝手は抜群です。キッチンの一番奥には奥様が作業ができるスペースを作ることで、動線的な煩わしさはありません。お二人の趣味である陶器や食器はたっぷり収納できるようにしました。見せる収納にすることで目でも楽しめます。
< Prev.

自然素材の心地よい空間

Next >

和風のお住まいが惹き立つモダンエクステリア