株式会社リビングサーラ

お久しぶりです。ヘリンボーン!~大人気のヘリンボーンはこうやって貼られている~

リノベーション・リフォームについて
お気軽にご相談ください

TOYOHASHI豊橋

0120-56-0220

受付時間 9:00〜18:00 月曜定休

0120-56-0220

HAMAMATSU浜松

0120-64-2781

受付時間 9:00〜18:00 月曜定休

0120-64-2781
CLOSE

Blog

スタッフブログ

2020/02/28

お久しぶりです。ヘリンボーン!~大人気のヘリンボーンはこうやって貼られている~

みなさん、こんにちは。
リビングサーラ 浜松事業所 積算管理Tの老田です。

私の部署は、現場調査・見積作成・現場管理を行なう仕事をしております。

今回は、施工途中のフローリング貼(ヘリンボーン貼)についてですが、私もこの仕上げは18年ぶりになります。
まず写真の様に、玄関からリビングのラインが通る様に墨出しを行い、板巾から辺を計算して中心ラインの両側に
墨出しをする。

次に、直角方向に、3本ラインを引き、〇秘のラインを引いてから図の様に、フローリングを貼っていきます。
板の長さから辺を割り出しするため、すごく細かい誤差が生じます。誤差の積み重ねがラインを曲げてしまうため
昔、大工さんから教えてもらった方法なのですが、これ結構重宝してます。

さぁ!  フローリングを貼り始めます。メインラインより貼始めます。

本日の作業は、このメインラインで終了!!

いつも思うのですが、時間がかかる作業ですよね。ここまで来るのに、10日かかりました。

あとは、端部の△部分です。細かい部分が残っています。

全部で、2週間かかってしまいました。
なぜヘリンボーンは費用があがるのかが、おわかりいただけたでしょうか。

出来栄えは、当社ホームページの事例をごらんください。では、またお会いしましょう。

< Prev.

新生活リフォームに向けて  〜外壁・屋根編〜

Next >

新型コロナウイルスによるサーラプラザの運営について~リフォーム・インテリ...