株式会社リビングサーラ

住宅リフォームで減税になる!?

リノベーション・リフォームについて
お気軽にご相談ください

TOYOHASHI豊橋

0120-56-0220

受付時間 9:00〜18:00 月曜定休

0120-56-0220

HAMAMATSU浜松

0120-64-2781

受付時間 9:00〜18:00 月曜定休

0120-64-2781
CLOSE

Blog

スタッフブログ

その他 2018/02/22

住宅リフォームで減税になる!?

みなさんこんにちは。本社で企画担当をしている石黒です。

今回は住宅リフォームと減税の関係についてお話をします。

昨年リフォームをされた方は、確定申告で所得税控除の可能性があることをご存知でしょうか?

住宅ローンを組んでマイホームを手に入れた場合、確定申告をすると所得税の控除が受けられる

ことは良く知られています。実はリフォームの場合も対象になるのです。

 

但し一定の要件があり、自己申告制であることがポイント。←これが認知度が低い原因かも!!

住宅ローンを利用して自分の住まいをリフォームし、工事内容や要件を満たしていれば

最長10年間、年末の住宅ローン残高1%分の所得税控除が受けられます。

年間控除額は最高40万円ですから、最大400万円※数値は2018年1月現在。

 

また住宅ローンを利用して、バリアフリー工事や省エネのための断熱工事、同居対応リフォーム

をした方は工事内容や住宅要件を満たしていれば、確定申告によって5年間、年末の住宅ローン

残高のうちバリアフリー・省エネ・同居対応リフォーム費用の2%+その他のリフォーム費用

1%分の所得税控除が受けられます。

年間最大控除額は12万5000円、5年間で最大62万5000円になります※数値は2018年1月現在。

 

もし住宅ローンを利用していなくても、減税になることがあります。

マイホームの耐震やバリアフリー・省エネ・同居対応リフォームをした場合は工事内容や要件を

満たしていれば、確定申告によって1年間、工事費等の10%最大25万円(バリアフリーは20万円)

が、所得税から控除されます※数値は2018年1月現在。

 

リフォームの減税制度は、【ローンを利用している】・【耐震リフォーム】・【バリアフリー・

省エネ・同居対応リフォーム】などの違いによって、併用できるものとできないものがあり

選択制となります。←ここが少々ややこしいトコロ。。。

ちなみにリビングサーラでは、この減税制度の対象となる皆さまには私どもから個別に

ご案内済みですのでご安心ください。

 

< Prev.

2月20日は何の日でしょう?

Next >

ボタニカルインテリア2