Blog

スタッフブログ

インテリア 2017/12/06

TECIDO(テシード)東京ショールームへ行く⑤ ~輸入クロス設置例~

5.輸入クロス設置例

実際に輸入クロスをどんな風に取り入れる方が多いのか、スタッフの方にお聞きしました!

 

(1)アクセントクロスとして

部屋の一面や一角に、アクセントとして取り入れる方法です。

この方法が一般的だと思っていましたが、メジャーになったのはここ10年くらいだそうです。

 

 

(2)定番スタイル。腰壁の位置に

上下とも取り入れても、無地のクロスと上下で組み合わせても良いですね。

 

 

(3)トイレタイムを満喫?!

驚いたのですが、トイレ個室内に取り入れる方法も海外では昔から主流だそうです。

「ゲストを楽しませたい」、「ホッとするひと時を大切にしたい」ということなのでしょうか。

水廻りにつけることへの心配ですが、紙クロス・不織布壁紙ともに表面にコーティングがあるのでお手入れは固く絞れば水拭きOKとの事でした。

 

 

(4)センスが光る!額装

ショールームのエントランスにもディスプレイしてありました。

額装のために購入するのも良いですし、壁に貼る分を少し余らせても挑戦しやすいですね。

 

 

(5)その他アイディア

個人的にはロフトや屋根裏につけると、秘密基地のようなわくわく感がUPするのでは?と思います。

 

リビングサーラショールームでは、シェルフやクローゼットの扉と内部につけています。

 

クローゼットを開ける楽しみが増えそうですね。

 

 

テシードのクロスが好きで前々からショールームへ伺ってみたかったのですが、今回休日に東京へ遊びに行った際に夢を叶えることができました!

予想を超える素敵な商品の数々やディスプレイに、こんなに素敵なものに囲まれて生活できたら最高だなぁとますますファンになりました。すごく楽しかったです。

 

テシードはテイストの幅が広いので、どんな空間にもフィットする壁紙がきっと見つかります。

商品の選定はやはりテシードショールームやHP掲載の取扱い店でサンプルをご覧いただくのがベストかと思いますが、是非まずはHPをご覧になってみてください。

設置やその他ご相談は、コチラまで。

リビングサーラにお任せくださいね。

 

浜松ショールームアドバイザー 鈴木紫帆

 

< Prev.

TECIDO(テシード)東京ショールームへ行く④ ~おすすめクロスをピッ...

Next >

床暖房のススメ